Y.S さん

有馬育英会の皆様 花冷えの日が続いておりますが、みなさまにおかれましてはますます輝かしい春をお迎えのことと存じます。
頂きました支援金につきましては、修士論文作成、助産師国家試験および日本助産学会での演題発表に尽力するための資金として活用させて頂きました。
それぞれへの準備や勉強が忙しく、アルバイト収入を得られずにいた私にとって、貴財団の支援金は大変ありがたいものでした。改めて感謝申し上げます。

4月からは、大学病院の産科で助産師として採用していただけることになりました。
母子の健康と幸せを支えられる素敵な助産師になるため、日々励んで参ります。
本当にありがとうございました。